So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
プリン体対策ご飯 穀類 ブログトップ
前の10件 | -

キノコご飯 [プリン体対策ご飯 穀類]

部屋を借りているのに、帰ってきてばかりの下の娘。
居ない隙をついて、下の娘の嫌いなキノコ。

あっさり和風のキノコご飯。

急でしたので、キノコ以外は何も入っていない…。

でも、出汁がしっかりとってあれば
キノコの旨味で素晴らしく美味しいです。
キノコを数種類使うと、もうそれだけで十分な感じ。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オムライス(後混ぜ式) [プリン体対策ご飯 穀類]

ご飯とおかずというお隣さんの好みに合わせる日々です。
それにプリン体対策が付いて、数年。
ご飯とおかずが一緒になる丼やオムライスやカレーなどは
手抜き扱いになるお隣さんです。
来るか来ないかわからないお留守を待つばかりではなく、
たまにはね。

手抜きバージョン。
炊きたてご飯に具と調味料をレンジでチンしたものを後混ぜです。

uchigohan18-2018.jpg


人気ブログランキングへ

これは女性陣のもので…

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

薔薇餅? [プリン体対策ご飯 穀類]

もち米、お片づけ最終です。
赤飯とか栗おこわ、山菜おこわなどはお好きじゃないお隣さん。
文句言わずに食べてくれるのが中華おこわとおはぎ。
甘いものはお好きなので、おはぎも大丈夫。

先日、
もち米をあんこで包んだものは季節で呼び名が違うと書きました。おはぎ

今なら薔薇の季節で薔薇餅かな?と。
いや、もう紫陽花のほうが良かったかも?

でも、まあ、バラの形にあんこつけてみました。
大急ぎの即興なので、ガン見されると辛いかしらと思いつつ。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おはぎ [プリン体対策ご飯 穀類]

おはぎとぼたもち。

御萩は秋のお彼岸に。
牡丹餅は春のお彼岸に。

同じものだけど、季節のお菓子、季節の呼び名。
今は初夏。
バラの季節。薔薇餅?…やっぱりなんだか違う。

なんとなく、このあたりのスーパーでは
一年中「おはぎ」として売っているような気がします。

お隣さんのご実家のもち米が、やってきたのは一昨年末。
もう不味くなりつつあるので片付けモードです。
いただいた時は加工する気力が無い時で、そのままになって…。
その後、昨年末は追加されなかったのでもう2回ぐらいで食べきれそう。

ということで、おまけの「おはぎ」?つきの痛風ケアご飯。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華おこわ [プリン体対策ご飯 穀類]

中華おこわ「風」です。
そもそも、竹の皮で包んでいません。
そして、蒸していません。

炊飯器です。

要するに、
「なんとなく中華風に味付けをした炊き込みおこわ」です。
竹の皮が無くても、蒸さなくても、私は好きです。

娘のお友達がお昼にやって来るということで、
お昼の2時間前に大慌てで冷蔵庫をひっかきまわし…。

餃子の皮をお友達を迎えに行くついでの娘に買いに行かせ、
水餃子と、中華スープと、サラダと、おこわのお昼に。

そして夜は残り物です。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

筍ピラフ [プリン体対策ご飯 穀類]

筍。

下の娘が今年になって「舌がビリビリする」と言うのです。

一応真空パックになったものをいただいたのですが、
中身は大きい筍が15㎝から20㎝ぐらいにカットされたもの。
どうも、同じ一本の筍が入っているものではないようです。

「大丈夫なのもあるし、ダメなのもある」と言うので。

本人も頑張って食べようとしたのですが、だんだん箸が伸びなくなって…。

時間をかけてピラフを食べ終えましたが、
今回の筍は炊き込みにするのは控えようかなと思います。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

稲荷寿司は作業を2回に分けて [プリン体対策ご飯 穀類]

アミエビを使って、春の稲荷寿司。

助六寿司は家で作るのは面倒だなと思います。
食べるのはあっという間なのに…。

巻き寿司は生の具材を巻くだけならそうでもないのに、
干瓢を入れようと思うと、もうなんとなく時間がとられます。
稲荷寿司は「油揚げを煮る」「酢飯を詰める」の二段階で
時間をとられてしまうのです。

私の場合、家事がトラウマになっているので、
心の健康のために長時間キッチンに立たないようにしたいです。

そこで「油揚げを煮る」工程を別の日にやっておくことにしました。
切り込みを入れて、開いて、油抜きして、煮て、冷ます。
冷めたら、冷凍!

食べる日はいつでも気が向いた時。
ご飯を炊いて酢飯にして、詰める。
それだけなら短時間でできますので、最近はずっとこのパターンです。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いつからか恵方巻 [プリン体対策ご飯 穀類]

この地域では節分には鰯と豆まきでした。
だんだん丸干鰯が値上がりして、貧乏人には買えなくなってきました。
そんな頃、恵方巻という関西の風習を利用して寿司商戦が始まりました。
もう10年ぐらいになるのでしょうね。

寿司好きの下の娘が食べたがり、
神頼みやゲン担ぎが大好きなお隣さんがやりたがるので、
毎年のように作るようになりました。

一人一本はとても買えませんし、一本では足らないと言われるので、
大量に酢飯を作りガンガン巻きます。

今年は量をかなり減らしました。
例年4合炊きますが、3合に。
太巻き3本分以上をお隣さんに出していましたが、
今年は一本と稲荷三つ。

具は、メカジキのアラを煮たものに卵焼き、
茹で人参、青菜のみじん切り、椎茸の煮物。

安価で彩が良くなるように。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食材が傷んでしまう年明け [プリン体対策ご飯 穀類]

毎年のように、お正月明けは食材の傷みとの勝負です。
「もったいない精神」がなるべく傷つかないように乗り切りたいものです。

年末にお隣さんのご実家が野菜とお餅を送ってくださいます。
お餅の日は決まっていて、そのついでに送ってくださるようです。
あちらでのちょうどよい日ですから、
残念ながら…私のところに到着するのは
お買い物はとうに済んでしまい、お節料理も作り終えた後になります。

慌てて保存するわけですが、
冬でも輸送の間に野菜も傷んでいきますし、お餅はカビが生えてしまいます。

もったいないことです。

ごみ収集日も終わっていますので、生ごみが溜まります。

ということで、本日の夕食は例外中の例外で、白いご飯は無しで、焼餅です。
椎茸も半分は傷んでいましたので、無事に着いたものは急いで食べなくては…。
白菜は前回の傷んで到着したものがまだ残っていますので全部使いましょう。
メインは白菜と椎茸と餅。
ご実家のものですから、お隣さんも納得のはず。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エスニック玄米ピラフ [プリン体対策ご飯 穀類]

ピラフと言いつつ、ピラフではありません。
炊いた玄米を後から炒め合わせていますので、炒飯と言うべきですね。

エスニック…としか表現できませんでした。
たぶん10年ぐらい前にあり合わせの素材を入れて作ったのが最初です。
イメージはナシゴレンとか、ジャンバラヤとか…。

でも、そんな味にはなっていません。

そもそも辛く作りたくても下の娘とお隣がダメ。
チリソース類も買ったことが無いです。
ジャン類も辛いのは豆板醤だけ。

ですから辛味は豆板醤です。
油はごま油。
なのに中華な味はしないので、玄米炒飯とは呼んでいません。

娘たちには「玄米のピラフ」または、「玄米炒めご飯」と呼ばれています。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - プリン体対策ご飯 穀類 ブログトップ