So-net無料ブログ作成

日本風?のボロネーゼな味 [おうちご飯(夜)]

外国の料理。
同じ呼び名でも日本では異なる料理を指すことがありますし、
存在しないものを外国っぽい名前を付けていることもあります。
日本人って面白いなと思います。

「スパゲッティ・ボロネーゼ」

ボロネーゼというのはボローニャ風という意味。
ボローニャ風って何?という感じです。
「スパゲッティ・イタリアン」「スパゲッティ・ナポリタン」と同じで、
おそらく日本の独特の物なのだと思います。

「ミートソース」
これも日本の物ですが、それを別名「ボロネーゼ」。
同じ物ですよね。

今回はそんな日本風の「ボロネーゼ」なるものを。
玉ねぎのみじん切りとひき肉を炒めて、きっと
市販の「デミグラスソース」なるものを入れるべきなのでしょう。

でも、実は今回は期限が徐々に近づいているソース類を片付けるため。
かけて使うだけではなかなか使い切れなくて、残ってしまうのです。

ウスターソース、トンカツソース、ケチャップ。
調味料としても使いますが、
ウスターソースは特徴があるので、少量でも独特のソース味になってしまいます。

これも、それぞれの味が主張してきますので、まとめるために赤ワイン。
胡椒とコリアンダーにナツメグ。
あっという間に市販の?…いえ、レトルトの?う~ん…。
とにかく「ボロネーゼ」な味。
下の娘の好きな「ミートソース」の味です。

見た目と栄養、味の追加のために、
トマトとブロッコリー、粉チーズをトッピング。

uchigohan25-2017.jpg


人気ブログランキングへ

これは下の娘と二人だけの日にしか登場しない、
下の娘専用の手抜き簡単パスタソースです。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 4

お名前(必須)

ボロネーゼは大好きなパスタです。
名前からして、○○風って料理だと、自分なりにアレンジしても良いんですよね。
僕はソースとかチーズとか入れてアレンジしてます。
by お名前(必須) (2017-04-16 13:44) 

さすらい

こんばんは。
ボロネーゼ…わたくしつい先日知ったばかりです。
わたくしの年齢ならば間違いなくミートソースって呼びますよね。
ボロネーゼって違うものだと思ってたのです。
実は明日の献立はスパゲッティミートソースを予定しております。
今夜のうちにミートソースは仕込んでおります。
by さすらい (2017-04-16 20:24) 

めのめの

バカワインさん、おっしゃる通りアレンジは「〇〇風」の威力です。
日本人のアレンジ能力は大したものだと思っています。

by めのめの (2017-04-17 14:42) 

めのめの

さすらいさん、日本ではどちらも同じものでよすね。
要するに、ひき肉のソースですから。
イタリアでは、肉でも魚でもミンチを使って煮込んだパスタソースを「ラグー」と呼ぶようです。
by めのめの (2017-04-17 14:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0