So-net無料ブログ作成

紫蘇でさわやかに [プリン体対策ご飯 肉]

鶏の手羽元の煮物はよく作ります。
肉はプリン体を減らすためには、下茹でするのですが、
骨付きは旨味が多い上に骨が縮むのを防いでくれるので、
安心してしっかり下茹でできるからです。
下茹でしてから煮て、さらに
その煮汁を飲まないように減らして盛りつけると、
プリン体をもっと減らすことになります。

どんな料理でもそうですが、具材が同じでも、味付け次第。
そこが、料理の面白いところの一つです。
工夫次第という、家事の中で一番クリエイティブな活動なので、
家事嫌いでも料理は時には楽しく感じるものです。

人間は物を作り出す生き物なのですね。

冬は温まるように味やスパイスを工夫します。
身体が疲れているときは薄めの優しい味にします。
活力が欲しい時には味にパンチをきかせます。
夏に暑い日が続いて消耗した時にはこんなふうにも作ります。

今日の料理紹介
お隣さんのためのプリン体対策メニュー

20160611p.jpg


人気ブログランキングへ

鶏手羽元と野菜ののシソ風味ソテー
もやしと水菜の和え物
ニンジンとピーマンのマリネサラダ
枝豆豆腐の冷奴
糠漬け
ワカメの味噌汁
玄米ご飯2杯

ベースの味はプレーンです。
酒、塩、コショウ。
野菜と骨の旨味でそのままでも大丈夫ですが、
煮あがる直前に紫蘇を加えるだけで一気に夏向きの味に変わります。

赤紫蘇でも、青紫蘇でも、バジルなどの紫蘇系ハーブでも。
塩を加えないで煮て、
赤紫蘇ふりかけ(ここに塩が入っていますから)を使うこともできます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0