So-net無料ブログ作成
プリン体対策ご飯 魚 ブログトップ
前の10件 | -

生サンマの塩焼き [プリン体対策ご飯 魚]

サンマが不漁気味だとか。
海水温の上昇と乱獲。
サイズが例年より小さいとニュースで言ってました。

一尾税込みで100円越えてきます。
例年ならもっと安くなるまで我慢して税込みで二桁で買うのですが、
今年は期待薄かなと感じて、買いました。

ここ三年はプリン体の多い青魚は控えめで、
サンマも2分の1から3分の1を一人前として食べていました。
久しぶりの一人一尾です。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

マグロバーグのグリンピースソース [プリン体対策ご飯 魚]

ヘルシー志向のマグロバーグです。
ソースに変化をつけてなるべく毎回同じにならないようにします。
作る自分が飽きてしまうのでs。

今回はグリンピース。
茹でて真空パックにして売っているのを見つけました。
大粒でシーズンでは無くても手に入るのがいいですね。

酒、みりん、醤油、塩、生姜、水。
そしてこのグリンピースを入れて、ひと煮立ちさせてから
水溶き片栗粉で少し濃度をつけました。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

マグロメンチカツ(プレーン) [プリン体対策ご飯 魚]

今年の一月頃でしたか、最初にご紹介したのは。
その時は胡麻のソースで和風に作ったマグロでメンチカツでした。

今回は洋風のプレーンです。
何が違うかというとマグロのアラに混ぜ込む野菜が
玉ネギとセロリを使ったこと。
それにプリン体対策のためのつなぎをおからじゃなくてパン粉にしたこと。

ソースは定番の洋食屋さん風に、ウスターソースとケチャップを混ぜたものです。
前回は醤油ベースのごまだれ風のソースでした。

ソースケチャップと中のセロリで、イメージが普通のメンチカツに近づきます。
前のものとは違う味と食感になっていて、これもなかなか美味しいです。





つづきを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シラスも少しずつ [プリン体対策ご飯 魚]

プリン体の多いシラス。
魚卵も小魚もこれから成長するために栄養が豊富なのでしょうね。
栄養価の高いものってプリン体も多い気がします。

かなり避けていたシラスですが、復活させます。
煮干しなどの魚の出汁も控えていましたが、復活しています。

たくさん食べるのは良くないですが、
今までのように極力減らし、それが長期に渡るとカルシウム不足も心配。
痛風ケア食を緩めて食べ始めるのは、肉よりも魚からにしようと思います。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

シシャモの空心菜衣揚げ [プリン体対策ご飯 魚]

空心菜は葉の柔らかさと反するように茎に歯ごたえがあります。
そこは人によって好き嫌いの分かれるところかもしれません。

私はそれぞれの良さを味わうために、
葉と茎を別々の料理に使うことが多いです。

お浸しや炒め物には葉を、揚げ物や焼き物には茎を、という感じです。

今回は茎を小口切りにして、衣に入れてシシャモを上げました。
フリッターのように少し厚めの衣です。

シャキシャキとした茎の食感と、爽やかな味がシシャモによく合う、
和風にも洋風にも使える揚げ物になりました。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マグロのフライオーロラマスタードソース [プリン体対策ご飯 魚]

マグロのアラです。
刺身の柵を作る時に切り落とされる部分を
アラとしてパックに入れて販売されることが多いので、
時々大きめや長めの切り身のような状態のものがあります。

そういうサイズに当たった時はラッキーな気がして、
そのままソテーにしたり、衣をつけてフライにしたりしています。

マヨネーズに少々のケチャップで昔風のオーロラソース。
それにマスタードを入れたソースにしました。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小松菜とイカの煮物 [プリン体対策ご飯 魚]

プリン体の多いイカは少しで。
イカだけをしっかり煮て、
さっと茹でてきゅっと水切りした小松菜を入れて。

少量のイカだけを盛り付けても寂しいだけですから。

いつものもやしも、少しひき肉をのせるだけで
なんとなく食べやすい様子です。

野菜とタンパク質を合わせて料理して一緒に食べることで、
プリン体の多い食材も程よい量でおさまります。

つづきを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

料理は愛情?技術? [プリン体対策ご飯 魚]

アジの干物。
アジが美味しい夏。
そして、手抜きができる塩焼き。
普通に焼くのではプリン体が減りませんから、副菜には要注意。

メニューを書き出してみると、なんとなく寂しい感じもします。
写真のアジが大きければ、まあまあに見えますね。

皆さまの美しいお料理の写真を拝見していると、
確かに私のご飯は地味ねぇ…と感じます。

時々は今流行の「インスタ映え」とかも考えてみるべきかしら?

つづきを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昔ながらのご家庭の和食はお勧め [プリン体対策ご飯 魚]

普通に塩鮭です。
特売の切り身は70グラム程度のことが多く、
薄いのでそのままでも大丈夫です。

これは、少し厚めの切り身でしたから、
ほかのおかずを野菜ばかりでまとめました。

こういう普通っぽい和食は、メインのお魚以外に
たくさんプリン体の含まれるものを使わないようにするだけで
痛風ケア食として成り立ちます。

昔ながらの和食の良さですね。

つづきを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

土用の丑の日でした [プリン体対策ご飯 魚]

スーパーの総菜売り場も魚売り場も、鰻ばかりでした。
イベント事で「これを食べる」となると決まって、
ほかの食品が隅に追いやられたり、並ばなくなったりしますね。
日本人って変な人たちだわと感じます。

私は、ウナギの脂っこさが苦手です。
調理法としては、蒲焼が一番苦手です。
和食なら、白焼きがいいです。わさびたっぷりで。
イタリア風に皮を取り除いて調理してあるなら
脂っこさが無くなるので好きな方です。

ま、お隣さんはウナギの蒲焼が好きです。
よって、過去に何度かヌルヌルの脂ベトベトを捌く羽目になって、
自分で調理するのはもう絶対に嫌だと思っております。

つづきを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - プリン体対策ご飯 魚 ブログトップ