So-net無料ブログ作成
検索選択

実は食べられないブリ大根 [プリン体対策ご飯]

痛風ケアとしては、魚は小ぶりのものを1尾丸ごと出すのは、
見た目のボリュームがあるにもかかわらず、
実際に身として口に入る部分は意外に少ないのでお勧めです。

同じように、大きな魚のアラの骨付きもお勧めできます。
骨の太いブリはうってつけです。

でも、あまり料理しないのは、実は私が食べられないから。
あまり脂ののったものは苦手なので、ブリやサーモンも、
マグロやカツオでもいわゆるトロ(腹)の部分はとても苦手です。

でも、脂がのったサーモンやブリをお隣さんが大好きなので、
時々アラを見つけると買って味見なしの勘だけで調理します。
娘にはいつも好評なので味付けは大丈夫だと思っています。
今日の料理紹介
お隣さんのためのプリン体対策メニュー

20170315p.jpg

ブリ大根
ブロッコリーとトマト
もやしの炒め物
れんこんのきんぴら
ウズラ卵のフライ(惣菜)
漬物
油揚げとネギとワカメの味噌汁
白米ご飯2杯

前日に買って娘の弁当に入れるつもりだったウズラ卵のフライ。
使った残りをおまけにしました。
お隣が品数多いパターンで、それが卵…というのは危険で、
卵好きの下の娘から苦情が出る前に、見つからないうちに…
ささっとお出ししました。

れんこんのきんぴら。たまには溜まり醤油で甘辛に。
もやしの炒めは白味噌ベース。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0