So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

少しの工夫でケア料理に [プリン体対策ご飯]

フライパンにもやし、ニラを入れ、
豚の切り落とし肉を広げてのせます。
酒と胡椒を振ってそのまま蓋をして火を通すと、
もやしの水分で蒸すことができます。
水を足さないので旨味が全部しっかり残ります。

プリン体のことを考えたらこの料理は矛盾しているでしょうか。
旨味を逃さぬ調理法は痛風ケアとしてお勧めしないのが原則です。

でも、使うのは豚の切り落とし肉です。
極薄のペラペラしゃぶしゃぶ用ぐらいでしょうか)で、
部位はプリン体の少ないばら肉に。
それをたっぷりの野菜の上に重ならぬように広げたら…?
一食分でお肉は100gも使いません。

これを極薄じゃなく薄切りの、もも肉で、
お肉を重ねるようにたっぷり乗せてしまったら、ケア料理にはなりません。

今回の味付けは、黒酢と醤油を混ぜただけのシンプルな黒酢だれ。

たれにプリン体の多い出汁やスープの素を入れて味付けするのは控えたいです。

つづきを読む


キャベツの芯で [プリン体対策ご飯]

油揚げに詰め物は定番。
煮る、焼く、揚げる、を中身によって使い分けです。
痛風ケア料理にしてからは、頻繁に登場です。

これはダイエットメニューとしても行けるでしょうね。

久しぶりに体重計に乗ってみました。
案の定、体重が増えていました。
私の場合、太る理由の主たるものはズバリ「ストレス」です。

ストレスが溜まると体に悪そうなものが欲しくなります。
とにかく甘いものが欲しくなります。
このところ、糖分摂りすぎでしたね。
煮物などの料理にも砂糖使っちゃってましたし…。

過去を整理して、気持ちの整理がついたような気がしました。
で、やっと自分に気持ちが向かい、体重計に乗ったら…
「ガーン!!!」ですね。
腰が痛いのも当然。
余分に数キロの荷物持って歩いてるのと同じですからね。

食事、運動、心のバランスが崩れると、不健康になります。

なんとかしなくては。

つづきを読む


ハンバーグ風?でしょうか [プリン体対策ご飯]

一年の中で一番食材が傷みやすい季節です。
4月終わりから5月は、気温が急激に上下をするからですね。
食べ物でも人間でも、有機物は急激な温度変化に弱いものがほとんどです。

油断して常温で置いておくと危険です。
冷蔵庫の中でも同じで、いつもより短期間に食材を使い切りたいですね。

衛生面と食材の管理は健康に密着しているので、気をつけたいものです。

…たぶん、ここで突っ込みを入れてくださった方もいらっしゃるでしょうけど。

さすがの私も、この時期は食材の消費期限をこまめに確認。
危なそうなものは自分で毒見?して、家族には大丈夫なものを。

期限内でも生ものは冷蔵庫でも維持しきれないので、
買ったらすぐ下処理して冷凍、冷蔵と振り分けます。

で、ハンバーグ風?という怪しい料理の誕生です。
見た目もちょっと変ですね。


つづきを読む


筍ピラフ [プリン体対策ご飯]

筍。

下の娘が今年になって「舌がビリビリする」と言うのです。

一応真空パックになったものをいただいたのですが、
中身は大きい筍が15㎝から20㎝ぐらいにカットされたもの。
どうも、同じ一本の筍が入っているものではないようです。

「大丈夫なのもあるし、ダメなのもある」と言うので。

結局のところ、頑張った結果、だんだん箸が伸びなくなって…。

時間をかけてピラフを食べ終えましたが、
今回の筍は炊き込みにするのは控えようかなと思います。

つづきを読む


若竹煮 [プリン体対策ご飯]

いただいた筍。

まずは炊き込みご飯。
先々考えて炊き込み用に具を煮て、冷凍。
それから、洋風味でピラフも。

そしてサラダ
そのままさっとお浸しでも、ごまだれなどをかけても。
ワカメと和えるのは定番で確実に美味しいですね。

焼くのもいいです。
溜まり醤油で濃い目のたれを少しかけて香ばしく。

揚げ物も美味しいですね。

あれこれ美味しいお料理が思い浮かびます。
個人的には、ちょっとアジアンなものにもチャレンジしたいかなと、
チャンスを窺い中。

煮物もいいです。
煮あげに鰹節をたっぷりまぶして香り豊かに。
(あ、これはプリン体対策じゃないですね)
今回は定番のワカメと合わせて、
白醤油で優しい味に煮たものです。

つづきを読む


手羽先もお勧め [プリン体対策ご飯]

手羽先はほとんど使いませんでした。
なぜって、金額と見た目に比べて量が少ない気がするからです。
同じ骨付きでも安売りになるのは手羽元のほうが頻度が高く、
手羽先のほうがグラムに対して肉の部分が少ない気がして…。

でも、それは痛風ケアを考える前の話。

今はたまには手羽先もいいなと。
お腹に入る量が少ないけれど、嵩張る。
そして、食べる側からすれば、1本は1本と受け取れるのです。

ということで、手羽先を買って食べてみようと思ったわけです。

つづきを読む


痛風ケア献立を考える時に [プリン体対策ご飯]

痛風ケア料理だからといって我慢ばかりしたくないですね。

たっぷり食べた気分になりたい。
下茹でしないでそのままお肉を食べたい。

豚肉に彩りにピーマンを入れるのではなく、
気分としてはピーマンに豚肉を入れる。

どの品も、まず食材の野菜を決めてから献立を考えるようになりました。
原則的に野菜の量が一番多めで主役のつもりで献立を作ります。
生野菜を食べたいから揚げ物にしようか、
煮物が食べたいから出汁にお肉をいれようか、など。
野菜を美味しく食べるために肉や魚を使う感じですね。

そう考えるようになって、下ごしらえ作業も軽減され、
構えずに作れるようになってきました。

つづきを読む


新玉ねぎ [プリン体対策ご飯]

火通りが良く、瑞々しい甘さのある新玉ねぎ。
今年は昨年より食卓に登場するのが遅いでしょうか。

生の玉ねぎは家族も私もあまり好まないので、
家庭料理としては、
絶対に新玉ねぎでなくてはならないことも無く、
わざわざ買い求めるということは無かったのです。

今でもわざわざは買いませんが、
普通の玉ねぎよりお値段が下がった時には買い、
目の前にあればそれを活かした調理で食べたくなります。

つづきを読む


鶏肉とズッキーニで [プリン体対策ご飯]

鶏肉とズッキーニ。
煮てもいいし、焼いてもいい、炒めてもいいですね。
盛り付けるボリューム感を考えてフリッターにしました。

天ぷらのよう?…だけど…
衣がふんわり系のものをフリッターと呼ぶことにしています。
小麦粉に卵に、ベーキングパウダー、そして衣自体に味付けをして、
ふわっと柔らかい衣の味が味わえるのをフリッターとして区別しています。

今回は、ズッキーニは白いプレーンな衣で、
鶏肉のほうにはケチャップを少し入れてほんのりピンクの衣。






つづきを読む


ほうれん草とウインナーのチーズリゾット。 [おうちご飯(昼)]

今日は出かけてきました。

出掛けていたので、随分前の娘とのお昼ご飯の紹介です。
uchigohan27-2017.jpg


人気ブログランキングへ

オリーブオイルで玉ねぎのみじん切りと米とウインナー、胡椒を炒めて、
水をドバドバ入れて煮て、途中で少し顆粒スープと白ワイン
火からおろして、仕上げに
茹でてみじん切りにしたほうれん草チーズを加えてぐりぐり混ぜるだけ。

簡単美味しいヘルシーです。
あ!ウインナーの添加物がお嫌な方はお肉か何かに変更してください。
私はこのリゾットには燻製の香りがあったほうが好きなので、
ベーコンやウインナーを使います。

で、一昨日書いた件のその後です。

私が不幸そうにしていて不快と教えてもらった件を
自分なりに整理して、信頼できる友人の意見を聞きに行ってきました。

そもそも、私は不幸そうには見えないそうです。
おおごとだったはずなのに、その大変な状態でいたことを
周囲の誰一人として20年全く気づかなかったではないかと。
大体、私自身が自分が大変なことになかなか気づかぬおバカだと笑われました。
今後は早期発見を心がけるように、と。

じゃ、概ね大丈夫なのかも。

やはり、私は私です。
人と人を比べたり、人の幸せを自分の物差しで測ったりすることはできません。
人の心は自由であるべきで、主観をおしつけるものではないという信念が
私が私である証でもあります。
心の中は自由でいたいのです。

ただ、過去の失敗を繰り返さぬため、決意しました。

自分一人の努力で何とかしようとするのをやめます。
自分でできないこと、困った時はヘルプを頼める心のゆとりを持ちます。
自己責任で自分を追い詰めるのをやめて、
自分のダメさ加減を許すことにします。

そんな私が、努力していないように見えたり、逃げているように見えたり、
不幸そうに見えたりする方には申し訳ございません。

ですが、私は私。
こんな私でしかありません。
それでOKな方はお付き合いくださいませ。
前の10件 | -

人気ブログランキングへ